感染症対策 介護職員 在宅介護

感染症に対する基本知識を身につけましょう!

高齢者は抵抗力の低下ないよって、感染症にかかりやすくなっています。

 

感染症について知らないまま介護していると、高齢者の感染に気が付かず、自分自身または高齢者へ感染させてしまいます。こうしたことから感染症に対する知識があれば感染予防にもなりますから、介護をするうえで基本的な知識を身に付けて置きたいところです。

 

感染症の基礎知識

介護職員であれば専門職として、感染についての正しい知識を身につけておかなければなりません。
感染症対策の基本として、「標準的予防措置(策) (スタンダードブリコーション)」というものがあります。在宅においても介護施設においても、感染症に関する基本的な考え方・姿勢は同じなんですね。この標準的予防措置というのは、高齢者の血液や体液、痰(タン)、排泄物など感染しているかわからなくても、感染の恐れがあると認識して接触を避けます。接触する場合は手袋やエプロンをします。また、傷などがある皮膚、粘膜なども感染の恐れがあるものとして考える感染予防方法です。

 

感染症にかからないためには、やはり病原微生物(細菌やウイルス)との接触を避けることが基本になってきます。しかし、普通に生活を送っている私たちにとって、難しいことです。だからそのための手洗いの徹底や衣服の洗浄、消毒なのです。こうすることで病原微生物の飛散を完全とはいきませんが未然に防止することが出来ます。

 

手洗い・手指消毒

手洗いの徹底は感染症対策の基本中の基本です。余談ですが看護師の言葉に『一処置一手洗い』という言葉があります。高齢者(利用者)に接する前にてお洗い、接した後も手を洗うというもの。感染を拡散しない為の言葉ですね。そうしない為にも手洗い手洗い場の整備や、手洗いの手順を身につける必要があります。また、手洗いの徹底は利用者の健康を保つと同時に介護者自身の健康維持にもなります。介護職員、在宅で介護されている方問わず、手洗いは小まめにしましょう!

 

介護職員の健康管理

施設等で働く介護職員は高齢者と接する機会が多く、感染のリスクも高いため、普段から自分自身の健康管理に気を付けなければなりません。介護者自身が感染症を発症すると高齢者に感染させてしまう恐れがあることも事実です。またインフルエンザの予防接種などはできる限り受けておくのがよいでしょう。自分自身に発熱や下痢・嘘吐などの感染兆候が見られた場合は上司に報告し休みを取るなど必要です。利用者から感染しないよう、逆に感染させないよう健康管理には十分に注意しましよう。

 

高齢者の観察

介護者にとって観察は重要です。普段の様子をうかがっていると、いつもと様子が違うことに気づくことがあります。
例えば食事介助の際に食事量が減っているとか、元気がないだとか感じた際は感染症を疑うこともできるのです。栄養状態が悪いと感染症にかかりやすくなりますから、栄養状態・食事量を見ておくのも大事です。

 

感染症の多くは、感染してから発病までの潜伏期間があり、その間は症状があらわれないこともあります。しかし、ほとんどの場合発症時が最も感染力が強いため、この発症の時期に早期発見出来れれば感染の拡大を防ぐことが出来ます。介護するものとして感染症対策に観察することも大事なことなのです。